保田 与重郎   (1910-1981)

保田 與重郎(保田 与重郎、やすだ よじゅうろう、1910年(明治43年)4月15日 - 1981年(昭和56年)10月4日)は日本の文芸評論家で多数の著作を出している。 筆名で湯原冬美も用いた。 [来歴] 奈良県桜井町(現桜井市)生まれ。 旧制奈良県立畝傍中学校、大阪市阿倍野区にあった旧制大阪高校から東京帝国大学美学科美術史学科卒業。 大阪高校時代にはマルクス主義にも触れ、蔵原惟人や中条百合子の作品を評価していた。 また、高校時代の同級に竹内好がおり、後に保田が中国を訪れたときに、竹内が案内をしたことがある。 在学中より、『コギト』、亀井勝一郎らとともに『日本浪曼派』創刊同人として活躍。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤスダ ヨジュウロウ
人物別名 保田与重郎

保田, 與重郎
生年 1910年
没年 1981年
職業・経歴等 文芸評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
吉田松陰を語る 奈良本辰也 他著 大和書房
2015.4
ふるさとなる大和 : 日本の歴史物語 保田與重郎 著 展転社
2013.10
わが萬葉集 保田與重郎 著 文芸春秋
2013.12
規範国語読本 佐藤春夫 監修 ; 保田與重郎 編纂 新学社
2008.3
名文で巡る国宝の観世音菩薩 白洲正子, 和辻哲郎, 広津和郎, 岡倉天心, 亀井勝一郎, 上村松篁, 榊莫山, 矢内原伊作, 堀辰雄, 高村光太郎, 竹山道雄, 保田與重郎, 円地文子, 東山魁夷, 山口誓子, 井上靖, 西村公朝, 岡部伊都子, 司馬遼太郎, 陳舜臣 著 青草書房
2007.7
述史新論 保田與重郎 著 新学社
2003.1
近畿御巡幸記 保田與重郎 著 新学社
2003.1
萬葉集の精神 : その成立と大伴家持 保田與重郎 著 新学社
2002.1
近代の終焉 保田與重郎 著 新学社
2002.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想