柳父 章   (1928-)

柳父 章(やなぶ あきら、1928年6月12日 - )は、翻訳語研究者、比較文化論研究者。 東京生まれ。 本名・章新。 東京大学教養学科部卒業。 桃山学院大学教授を務めた。 第14回(1987年)山崎賞受賞。 授賞選定理由: 「柳父氏は、・・・「翻訳文化」としての日本の学問・思想の基本性格を、「翻訳語」の成立過程を手がかりとして問い正す作業にたずさわってきた。 その作業は、・・・ 總じて「翻訳語」を介して受容された異文化が、それを受容した文化のコンテクストのなかで、いかなる役割を演じたか、その諸相を解明するという形で行われてきた。 その作業は、そもそも「翻訳」とは、一体、何を意味するのかを根本...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤナブ アキラ
人物別名 柳父章
生年 1928年
没年 -
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
近代日本語の思想 柳父章 著 法政大学出版局
2017.2
未知との出会い 柳父章 著 法政大学出版局
2013.5
日本の翻訳論 : アンソロジーと解題 柳父章, 水野的, 長沼美香子 編 法政大学出版局
2010.9
近代日本語の思想 : 翻訳文体成立事情 柳父章 著 法政大学出版局
2004.11
翻訳語の論理 : 言語にみる日本文化の構造 柳父章 著 法政大学出版局
2003.1
日本語をどう書くか 柳父章 著 法政大学出版局
2003.3
文体の論理 : 小林秀雄の思考の構造 柳父章 著 法政大学出版局
2003.3
翻訳とはなにか : 日本語と翻訳文化 柳父章 著 法政大学出版局
2003.5
秘の思想 : 日本文化のオモテとウラ 柳父章 著 法政大学出版局
2002.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想