林 不忘   (1900-1935)

林不忘、谷譲次、牧逸馬の三つのペンネームを使い分けた、大正、昭和期の小説家。新潟県生まれ。函館中学中退後、1918(大正7)年、渡米。オベリン大学、オハイオノーザン大学に籍を置き、働きながら学ぶ。1924(大正13)年、帰国。松本泰主宰の「探偵文芸」に加わり、森下雨村のすすめで「めりけんじゃっぷ」(谷譲次)ものを「新青年」に発表。以降、三つの名で並行して、精力的に執筆を続ける。1935(昭和10)年、多くの連載を抱えながら、心臓麻痺で急逝。享年35歳。Wikipedia「長谷川海太郎

「青空文庫」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハヤシ フボウ
人物別名 林不忘
生年 1900年
没年 1935年
をも見よ 谷, 譲次(1900-1935)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
林不忘探偵小説選 林不忘 著 論創社
2007.8
丹下左膳 : 長編時代小説 林不忘 著 光文社
2004.5
丹下左膳 : 長編時代小説 林不忘 著 光文社
2004.6
丹下左膳 : 長編時代小説 林不忘 著 光文社
2004.7
林不忘集 林不忘 著 リブリオ
1998.3
丹下左膳 林不忘 著 講談社
1996.3
丹下左膳 林不忘 著 講談社
1996.4
林不忘傑作選 林 不忘【著】 山手書房新社
1992.7
林不忘傑作選 林 不忘【著】 山手書房新社
1992.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想