魚屋 北渓   (1780-1850)

魚屋 北渓(ととや ほっけい、安永9年〈1780年〉 - 嘉永3年4月9日〈1850年5月20日〉)とは、江戸時代後期の浮世絵師。 [来歴] 葛飾北斎の門人。 北斎門人の中では、蹄斎北馬とともに双璧とされる。 姓岩窪、名は初五郎。 後に金右衛門と改めた。 諱は辰行。 拱斎、葵岡(あおいがおか)、葵園などと号す。 四谷鮫ヶ橋で母里藩主松平家御用達の魚屋を営んでいたので、魚屋と称している。 初めは狩野養川院惟信に学び、後に北斎門人となった。 その後画業一筋の生活に入り、赤坂桐畑へ転居して葵岡と号した。 寛政12年(1800年)頃の狂歌本の挿絵が初作で、以降50年に及ぶ長い作画期の大半は狂歌本、狂...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トトヤ ホッケイ
人物別名 魚屋北渓

北渓

葵岡

拱斎

葵園

呉北渓
生年 1780年
没年 1850年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
北斎一門肉筆画傑作選 : 北斎DNAのゆくえ 葛飾北斎 ほか画 板橋区立美術館
2008.9
傳神開手北齋道中畫譜 魚屋北溪筆 ; 戸田正摺 芸艸堂
1997.9
傳神開手北齋道中畫譜 魚屋北溪筆 ; 佐藤勘次郎摺 芸艸堂
1988.4
江戸の老舗と浮世絵展 - 浮世絵太田記念美術館
1981.10
北斎 : 北寿/北溪/辰斎/重信ほか 岡畏三郎担当 集英社
1974.11
俳諧歌清凉集 狂歌堂撰 ; 北溪 [画] 者不明
[天保12 (1841)]
新選興歌三十六歌仙 芍薬亭 [ほか] 撰 ; 北渓, 広重画 者不明
天保11 [1840]
連環集 玉兎園寸美麿 [ほか] 撰 ; 北溪 [画] 者不明
天保10 [1839]
四方の春 : 完 狂歌堂嶋人 [編] ; 北溪 [画] 者不明
天保7 [1836]
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想