山下 一海   (1932-2010)

山下 一海(やました かずみ、男性、1932年3月7日 - 2010年2月15日)は、俳文学者、鶴見大学名誉教授。 [人物] 福岡県福岡市生まれ。 幼時から両親の影響で俳句に親しみ、小学校上級から中学にかけて句作に熱中した。 やがて句作からは離れたが、早稲田大学文学部国文学科卒、大学院で近世文学を専攻。 成城大学短期大学部助教授、鶴見大学文学部国文科教授を務めた。 著書は多く、松尾芭蕉、与謝蕪村など近世俳人についての研究、評論が多い。 2010年2月15日、逝去。 15。 [著書] 中興期俳諧の研究 暮雨巷暁台 桜楓社 1965 芭蕉の論 桜楓社 1976 蕪村の世界 有斐閣 1982.1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマシタ カズミ
人物別名 山下一海
生年 1932年
没年 2010年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
俳論・随想・著作目録 山下一海著 おうふう
2018.4
山下一海著作集 山下一海 著 おうふう
2017.6
山下一海著作集 山下一海 著 おうふう
2016.1
山下一海著作集 山下一海 著 おうふう
2016.11
山下一海著作集 山下一海 著 おうふう
2015.3
山下一海著作集 山下一海 著 おうふう
2015.7
山下一海著作集 山下一海 著 おうふう
2014.7
山下一海著作集 山下一海 著 おうふう
2013.1
山下一海著作集 山下一海 著 おうふう
2013.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想