山名 正夫   (1905-1976)

山名 正夫(やまな まさお、1905年12月25日 - 1976年1月27日)は、日本の航空工学者。 工学博士。 兵庫県出身。 [略歴] 東京帝大卒。 海軍航空技術廠に奉職し艦上爆撃機の彗星や陸上爆撃機 銀河、特攻兵器 桜花の開発に携わる。 空技廠飛行機部員を勤めながら東京帝国大学教授を兼任。 戦後は防衛庁を経て東京大学、明治大学の教授を歴任。 1953年、日本大学と日本飛行機の旧社員であった吉原謙二郎(創業者)たちによって設立された岡村製作所が共同で、日大/岡村N-52という「並列複座の軽飛行機」を製作した際に開発に参加している。 1966年に発生した全日空羽田沖墜落事故の事故技術調査団(...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマナ マサオ
人物別名 山名正夫
生年 1905年
没年 1976年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
最後の30秒 : 羽田沖全日空機墜落事故の調査と研究 山名正夫 著 朝日新聞社
1972
飛行機設計論 山名正夫, 中口博 共著 養賢堂
1968
飛行機設計論 山名正夫, 中口博 共著 養賢堂
1968 2版
朝日航空大学講座 - 朝日新聞社
1964
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想