山本 登   (1912-1991)

山本 登(やまもと のぼる、1912年(大正元年)11月5日 - 1991年(平成3年)7月2日 )は、経済学博士、植民地政策学者、慶應義塾大学名誉教授。 1981年に紫綬褒章、1986年に勲二等瑞宝章受章。 [経歴] 東京都大田区生まれ。 幼稚舎、慶應義塾普通部を経て、1929年(昭和4年)に慶應義塾大学経済学部予科入学。 統計学者の寺尾琢磨に師事して、ドイツ政府奨学生制度(DAAD)を利用し、西ドイツに留学。 1935年3月に同大学を卒業すると、翌月から慶應義塾大学経済学部助手を経て、東南アジア学及び植民政策学、世界経済論を講義。 ジャワ軍政監部調査部調査室主査となり、第二次世界大戦中...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマモト ノボル
人物別名 山本登
生年 1912年
没年 1991年
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
山本登先生の思い出 山本会編 山本会
1992
世界経済のニュー・フロンティア 矢内原勝 ほか編著 文真堂
1988.11
平和社会への知的挑戦 : 世界の選択・日本の選択 山本登 編著 同文館
1986.4
多国籍企業と中進工業国 板垣与一 編 文真堂
1983.7
経済発展論 C.P.キンドルバーガー, B.ヘリック 著 ; 山本登 監訳 好学社
1981.3
世界経済論 山本登 著 泉文堂
1979.1
中学校社会科研究 : 現代の社会 : 指導書 伊藤正己, 山本登 [ほか] 著 中教
1975
現代の社会 : 中学生の社会科 : 公民 伊藤正己, 山本登[著]|ゲンダイ ノ シャカイ : チュウガクセイ ノ シャカイカ : コウミン 中教
1975.1
現代の社会 : 公民 伊藤正己, 山本登[著] 中教
[1974]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想