山口 重克   (1932-)

山口 重克(やまぐち しげかつ、1932年7月27日 - )は、経済学者・マルクス経済学研究者。 東京大学名誉教授。 日本の代表的なマルクス経済学者である宇野弘蔵に師事し、宇野経済学の原理論と呼ばれる領域のうち,難問の一つとされた商業資本論と呼ばれる分野をはじめ貨幣論,金融論などの分野に独創的な論考が数多くある。 同時代の研究者として、降旗節雄、大内秀明、鎌倉孝夫、桜井毅のほか岩田弘等がいる。 [略歴] 福井県武生市出身。 東京大学経済学部卒業、1962年東京大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得退学。 1968年経済学博士(東京大学)。 電気通信大学助手、新潟大学助教授、法政大学経済学部...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマグチ シゲカツ
人物別名 山口重克
生年 1932年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
経済原論講義 山口重克著 東京大学出版会
2017.4
宇野理論の現在と論点 : マルクス経済学の展開 櫻井毅, 山口重克, 柴垣和夫, 伊藤誠 編著 社会評論社
2010.7
現実経済論の諸問題 山口重克 著 御茶の水書房
2008.12
類型論の諸問題 山口重克 著 御茶の水書房
2006.4
ITによる流通変容の理論と現状 山口重克, 福田豊, 佐久間英俊 編 御茶の水書房
2005.4
市場経済 : 歴史・思想・現在 山口重克 編 名古屋大学出版会
2004.10
東アジア市場経済 : 多様性と可能性 山口重克 編著 御茶の水書房
2003.2
現代の金融システム:理論と構造 山口重克 ほか著 東洋経済新報社
2001.3
21世紀の展望 : 政治・行政,経済,経営 : 国士舘大学政経学部創設40周年記念論文集 国士舘大学政経学会 編 国士舘大学政経学会
2001.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想