早川 庄八   (1935-1998)

早川 庄八(はやかわ しょうはち、1935年2月24日 - 1998年10月10日)は、日本の日本史学者。 東京出身。 東京大学卒。 宮内庁書陵部を経て名古屋大学助教授。 1982年、教授。 専攻は古代史。 天皇制、太政官制を研究。 1991年、「宣旨試論」で東京大学文学博士。 定年直前に死去。 [著書] 日本の歴史 4 律令国家 小学館 1974 中世に生きる律令 言葉と事件をめぐって 1986.10 平凡社選書 日本古代官僚制の研究 岩波書店 1986.11 宣旨試論 岩波書店 1990.4 続日本紀(古典精読シリーズ)1993.2 岩波セミナーブックス 日本古代の文書と典籍 吉川弘文館...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハヤカワ ショウハチ
人物別名 早川庄八
生年 1935年
没年 1998年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
天皇と古代国家 早川庄八 [著] 講談社
2000.2
日本古代の財政制度 早川庄八 著 名著刊行会
2000.7
日本古代の文書と典籍 早川庄八 著 吉川弘文館
1997.5
続日本紀 早川庄八 著 岩波書店
1993.2
宣旨試論 早川庄八 著 岩波書店
1990.4
儀式書を中心としてみた平安時代政治機構の総合的研究 早川庄八研究代表 ; 西宮記研究会編 名古屋大学
1991.3
日本における歴史学の発達と現状 国際歴史学会議日本国内委員会 編 山川出版社
1989.12
日本の古代 岸俊男 [ほか]編 中央公論社
1988.5
日本古文書学論集 日本古文書学会 編 吉川弘文館
1988.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想