山上 八郎   (1902-1980)

山上 八郎(やまがみ はちろう、1902年(明治35年)2月5日 - 1980年(昭和55年)4月15日)は、日本の歴史学者、軍事学者。 特に日本の甲冑についての研究で名を知られる。 [年表] 1902年 - 東京府東京市牛込区(現在の東京都新宿区北東部)に、松井直吉の8男として誕生。 同年11月に四谷区(現在の新宿区南東部)の山上家養子となる。 1909年 - 高千穂小学校に入学。 この頃より日本の軍事史、とりわけ武装や甲冑の歴史に興味を抱いたと伝わる。 1914年 - 明治中学校に入学。 1919年 - 明治中学校卒業。 早稲田大学高等予科に入学。 以後在学中は全国各地の寺社や旧家を巡り...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマガミ ハチロウ
人物別名 山上八郎
生年 1902年
没年 1980年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
鎧と兜 山上八郎, 山岸素夫 共著 保育社
1975
日本甲冑100選 山上八郎 著 秋田書店
1974
日本甲冑の新研究 山上八郎 著 歴史図書社
1972
郷土史研究の調査と方法 日本歴史地理学会 編 地人書館
1944
偉人叢書 山上八郎著 三教書院
昭和17
甲冑 山上八郎 著 アルス
昭和17
兜の研究 山上八郎 著 大東出版社
昭和16-17
戦争と日本民族 山上八郎 著 文明社
昭和17
日本甲冑の新研究 山上八郎 著 飯倉書店
1942
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想