山田 太一   (1934-)

山田 太一(やまだ たいち、1934年6月6日 - )は、日本の脚本家、小説家。 本名は石坂 太一(いしざか たいち)。 東京都台東区浅草出身。 [経歴] 両親は浅草六区で大衆食堂を経営。 父親は愛知県、母親は栃木県真岡市出身。 小学校3年のとき、強制疎開で神奈川県足柄下郡湯河原町に家族で転居。 神奈川県立小田原高等学校を経て、1958年に早稲田大学教育学部国文学科を卒業。 教師になって休みの間に小説を書きたいと思っていたが、就職難で教師の口がなかった。 大学の就職課で松竹大船が助監督を募集していると聞かされ、松竹を受験する。 松竹に入社後、木下惠介監督に師事。 木下には現在も敬愛の念を抱い...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマダ タイチ
人物別名 山田太一
生年 1934年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
忘れない味 : 「食べる」をめぐる27篇 平松洋子編著 講談社
2019.3
ことばを写す : 鬼海弘雄対話集 鬼海弘雄著 ; 山岡淳一郎編 ; 山田太一 [ほか述] 平凡社
2019.7
夕暮れの時間に 山田太一著 河出書房新社
2018.4
男たちの旅路 山田太一 著 里山社
2017.1
映画は文学をあきらめない 宮脇俊文 編 水曜社
2017.3
絶望図書館 頭木弘樹 編 筑摩書房
2017.11
光と影を映す 山田太一 著 PHP研究所
2016.1
月日の残像 山田太一 著 新潮社
2016.6
想い出づくり 山田太一 著 里山社
2016.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想