服部 宇之吉   (1867-1939)

Wikipedia「服部宇之吉

「青空文庫」より

服部 宇之吉(はっとり うのきち、慶応3年4月30日(1867年6月2日) - 昭和14年(1939年)7月11日)は、中国哲学者。 東京大学卒。 東京帝国大学教授、ハーバード大学教授、東方文化学院院長などを歴任。 帝国学士院会員。 福島県出身。 [来歴] 1867年 - 陸奥国の二本松藩士服部藤八郎の三男として生まれる。 幼時に生母が早世、戊辰戦争での父の戦死、また右眼失明など苦労を重ねた。 1883年 - 大学予備門(旧制第一高等学校の前身)入学。 1887年 - 第一高等学校卒業、帝国大学文科大学(現在の東大文学部)大学。 1890年 - 帝大文科哲学科卒業。 濱尾新の推薦で文部省入り...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハットリ ウノキチ
人物別名 服部宇之吉

服部, 随軒
生年 1867年
没年 1939年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
儒教要典 服部 宇之吉【編】 博文館新社
2012.3.30
北京籠城 ; 北京籠城日記 : 付北京籠城回顧録 柴五郎述 ; 服部宇之吉著 ; 大山梓編 平凡社
2003.9
格言大辞典 芳賀矢一 ほか編
1995.12
心理學講義 : 全 服部宇之吉著 立命館大学
[199-]
大學説, 1卷 ; 中庸説, 1卷 ; 論語集説, 6卷 ; 孟子定本, 14卷 [安井衡著] 慧豐學會
新文豐出版
1978.10
漢文大系 服部宇之吉[ほか]校訂 富山房
1978
十八史略, 7卷 ; 小學纂註, 6卷 ; 御注考經, 1卷 [(元) 曽先之編次] ; [(清) 高愈纂註] ; [(唐) 玄宗註]. 弟子職, 1卷 慧豐學會
新文豐出版
1978.10
韓非子翼毳, 20卷 [(日本) 太田方述] 慧豐學會
新文豐出版
1978.10
老子翼, 6卷 ; 荘子翼, 11巻 [(明) 焦竑輯] 慧豐學會
新文豐出版
1978.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想