山田 宗睦   (1925-)

山田 宗睦(やまだ むねむつ、1925年5月21日 - )は、評論家、哲学者。 山口県下関市生まれ。 幼少期を下関、稚内、金沢、函館で過ごし、水戸高等学校から京都帝国大学文学部哲学科卒。 1979-95年関東学院大学教授。 京都学派への批判から、左翼・戦後民主主義者として評論活動を始め、1965年『危険な思想家』で、竹山道雄、石原慎太郎、三島由紀夫、福田恒存、高坂正堯、江藤淳など「保守」と見られる知識人を批判し、ベストセラーとなった。 しかしその後、自らその単純さを認め、「今から思えば「危険な思想家」など先が見えぬまま書いた恥ずかしい本でしてね」と述懐した(「朝日新聞」1989年10月27日夕...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマダ ムネムツ
人物別名 山田宗睦
生年 1925年
没年 -
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
雑文 (くさぐさのふみ) 山田宗睦 著 風人社
2017.7
天白紀行 山田宗睦 著 人間社
2016.6
日本書紀の研究ひとつ 山田宗睦 著 風人社
2016.12
異志倭人伝 山田宗睦 著 デジタルパブリッシングサービス
朝日新聞社
2007.1
道の思想史 : 人文篇 山田宗睦 著 デジタルパブリッシングサービス
朝日新聞社
2005.6
古代史と日本書紀 : 津田史学をこえて 山田宗睦 著 ニュートンプレス
1999.1
日本書紀史注 山田宗睦 著 風人社
1999.2
足は何のためにあるか 山田宗睦 編 日本障害者リハビリテーション協会
1999.10
日本書紀史注 山田宗睦 著 風人社
1998.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想