山田 幸五郎   (1889-1982)

山田 幸五郎(やまだ こうごろう、1889年9月10日 - 1982年7月23日)は、日本光学界の先駆者、海軍軍人、理学博士。 最終階級は海軍技術少将。 主に幾何光学中心に、光学機械、光学兵器の開発に寄与した。 [経歴] 青森県青森市出身。 旧制青森県第三中学校(現青森県立青森高等学校)・旧制第一高等学校・東京帝国大学卒業。 大学院で長岡半太郎に師事して輻射学を研究、長岡の推薦で技術者として海軍に入り、光学兵器の研究を推進させた。 青木小三郎、丸山修治らを育て、日本の光学兵器の水準を世界水準にまで高めた。 敗戦後、公職追放処分を受け、一時期は進駐軍の通訳などをして不遇の時期を過ごしたこともあ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマダ コウゴロウ
人物別名 山田幸五郎
生年 1889年
没年 1982年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
山田幸五郎回想録 : 日本の光学工業の父 山田幸五郎 著 徳川美恵子
独歩書林
2001.7
幾何光学 山田幸五郎著 光学工業技術協会
1981.6
海の彼方 山田幸五郎 著 時事通信社
1969
光学の知識 山田幸五郎 著 東京電機大学出版局
1966
プリズムおよびレンズ工作法の研究 フランク・トゥワイマン 著 ; 富岡正重, 山田幸五郎 共訳 宗高書房
1962
アツベ 山田幸五郎 著 日本図書
昭和23
アッベ 山田幸五郎 著 日本図書
1948
幾何光学 山田幸五郎 著 共立
昭和17
光學機械論 山田幸五郎著 共立社
1941.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想