山辺 健太郎   (1905-1977)

山辺 健太郎(やまべ けんたろう、1905年5月20日 - 1977年4月16日)は、歴史家、労働運動家。 東京生まれ。 小学校卒。 1920年、大阪で労働運動に加わる。 1925年、日本労働組合評議会に参加する。 1926年、浜松の日本楽器争議を支援する。 1929年、四・一六事件で検挙される。 1940年、治安維持法違反で検挙され、獄中で敗戦を迎える。 1947年、日本共産党統制委員。 1958年、離党し、著述に専念する。 [著書] コミンテルンの歴史 新興出版社, 1949 日本の韓国併合 太平出版社, 1966 日韓併合小史 岩波新書, 1966 日本統治下の朝鮮 岩波新書, 197...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマベ ケンタロウ
人物別名 山辺健太郎
生年 1905年
没年 1977年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
社会主義運動 山辺健太郎編・解説 NetLibrary
2007
社会主義運動 山辺健太郎編・解説 NetLibrary
2007
台湾 山辺健太郎編 NetLibrary
2007
台湾 山辺健太郎編 NetLibrary
2007
現代史資料 山辺健太郎編 みすず書房
2004.8
現代史資料 山辺健太郎編 みすず書房
2004.8
現代史資料 山辺健太郎編 みすず書房
2004.8
現代史資料 山辺健太郎編 みすず書房
2004.8
現代史資料 山辺健太郎編 みすず書房
2004.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想