矢数 道明   (1905-2002)

矢数 道明(やかず どうめい、1905年(明治38年)12月7日 - 2002年(平成14年)10月21日)は、昭和期の漢方復権に尽力した代表的な日本の医師。 医学博士。 医史学者。 文学博士(慶應義塾大学)。 東洋医学の発展に貢献した業績により日本医師会より最高優功賞を受賞。 [生い立ち] 矢数道明は、1905年(明治38年)茨城県那珂郡大宮町(現常陸大宮市)に、父辰之助、母すての四男として生まれる。 籍名は四郎。 1924年(大正13年)水戸商業学校(現水戸商業高校)を卒業したが、既に医師をしていた長兄の矢数格の勧めで医学の道を目指す。 代用教員を1年半勤めて貯めた学費によって予備校に通...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤカズ ドウメイ
人物別名 矢数道明
生年 1905年
没年 2002年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 ; 山田光胤, 寺師睦宗, 大塚恭男, 矢数圭堂, 松田邦夫 編 名著
2016
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 名著
2011.6
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 名著
2011.6
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 名著
2009.10
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 名著
2004.4(第3刷)
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 名著
2004.4(第3刷)
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 名著
2004.4(第3刷)
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 名著
2004.4(第3刷)
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 名著
2004.4(第3刷)
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想