八木 重吉   (1898-1927)

早世の詩人。1898(明治31)2月9日、東京府南多摩郡堺村(現在の町田市)に生まれ、東京高等師範学校に進む。在学中、受洗。卒業後、兵庫県御影師範の英語教師となる。24歳で、17歳の島田とみと結婚。この頃から、詩作に集中し、自らの信仰を確かめる。1925(大正14)年、第一詩集『秋の瞳』刊行。以降、詩誌に作品を寄せるようになるが、1926年、結核を得て病臥。病の床で第二詩集『貧しき信徒』を編むも、翌1927(昭和2)年10月26日、刊行を見ぬまま他界。『貧しき信徒』は翌年、出版された。Wikipedia「八木重吉

「青空文庫」より

八木 重吉(やぎ じゅうきち、1898年2月9日 - 1927年10月26日)は、日本の詩人。 東京府南多摩郡堺村(現在の東京都町田市相原町)に生まれる。 神奈川県師範学校(現・横浜国立大学)を経て、東京高等師範学校の英語科を1921年に卒業。 兵庫県の御影師範学校(現・神戸大学)、次いで1925年から千葉県の柏東葛中学校(現・千葉県立東葛飾高等学校)で英語教員を務めた。 神奈川県師範学校在学時より教会に通いだすようになり、1919年には駒込基督会において富永徳磨牧師から洗礼を受けた。 1921年に将来の妻となる島田とみと出会う。 この頃より短歌や詩を書き始め、翌年に結婚した後は詩作に精力的に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤギ ジュウキチ
人物別名 八木重吉
生年 1898年
没年 1927年
職業・経歴等 詩人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
八木重吉のうた : 歌曲集 八木重吉作詩 ; 和泉耕二作曲 カワイ
2020.1
ねがい : 男声合唱とピアノのための 八木重吉作詩 ; なかにしあかね作曲 カワイ
2018.5
無伴奏混声合唱のための八木重吉の詩による三つの歌 谷口倫子 OTOの会
2017.3
歌曲集「花と空と祈り」 八木重吉作詩 ; 亀山法男作曲 ディスク・アルガ
2017.12
八木重吉詩画集 八木重吉 詩 ; 井上ゆかり 絵 童話屋
2016.3
八木重吉-さいわいの詩人-展 : 開館10周年記念 町田市民文学館ことばらんど編 町田市民文学館ことばらんど
2016.10
心よ 八木重吉 作詞 ; 北川昇 作曲 河合楽器製作所出版部
2015.1
八木重吉詩ときりえ 八木重吉 [詩] ; 木村順一 作・絵 一粒書房
2015.4
祈りのみち 八木重吉 作 ; 森重ツル子 編 キリスト新聞社
2015.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想