服部 敏良   (1906-1992)

服部 敏良(はっとり としろう、1906年11月15日 - 1992年6月16日)は、日本の医師、医学史研究家。 [略歴] 岐阜県山県郡高富町生まれ。 名古屋医科大学(現名大医学部)卒業。 1936年、「アドレナリンとヒスタミンの胃液分泌に及ぼす拮抗作用に就いての臨床的並びに実験的研究」により同大学より医学博士を取得。 愛知県一宮市の山下病院に勤務、1942年から1976年まで院長を務め、医業のかたわら日本医学史の著作を多く著し、1965年には「日本医学史、とくに鎌倉時代医学史の研究」を理由に中日文化賞を受賞した。 1973年、「日本中世医学史の研究」で駒澤大学文学博士。 長男の服部外志之(...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハットリ トシロウ
人物別名 服部敏良
生年 1906年
没年 1992年
職業・経歴等 医師

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
事典有名人の死亡診断 服部敏良 著 吉川弘文館
2010.5
平安時代医学史の研究 服部敏良著 デジタルパブリッシングサービス
吉川弘文館
2007.9
奈良時代医学史の研究 服部敏良著 デジタルパブリッシングサービス
吉川弘文館
2007.9
王朝貴族の病状診断 服部敏良 著 吉川弘文館
2006.8
江戸時代医学史の研究 服部敏良 著 吉川弘文館
1994.12
奈良時代医学史の研究 服部敏良 著 吉川弘文館
1994.12
平安時代医学史の研究 服部敏良 著 吉川弘文館
1994.12
室町安土桃山時代医学史の研究 服部敏良 著 吉川弘文館
1994.12
鎌倉時代医学史の研究 服部敏良 著 吉川弘文館
1994.12
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想