和辻 哲郎   (1889-1960)

Wikipedia「和辻哲郎

「青空文庫」より

和辻 哲郎(わつじ てつろう、1889年3月1日 - 1960年12月26日)は、『古寺巡礼』『風土』などの著作で知られる日本の哲学者、倫理学者、文化史家、日本思想史家。 その倫理学の体系は、和辻倫理学と呼ばれる。 日本倫理学会会員。 [人物] 日本的な思想と西洋哲学の融合、あるいは止揚とでもいうべき境地を目指した稀有な哲学者と評価される。 主著の『倫理学』は、近代日本における独創性を備えたもっとも体系的な哲学書のひとつであると言われている。 従弟に京都市長を務めた和辻春樹(船舶工学者)がいる。 長女京子は社会学者の尾高邦雄に嫁した。 親戚に歌手のロミ山田がいる(ロミ山田の実父が和辻と従兄弟...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ワツジ テツロウ
人物別名 和辻哲郎
生年 1889年
没年 1960年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
和辻哲郎座談 和辻哲郎著 中央公論新社
2020.12
新編国民統合の象徴 和辻哲郎 [著] 中央公論新社
2019.4
初稿倫理学 和辻哲郎 著 ; 苅部直 編 筑摩書房
2017.9
日本語と哲学の問題 和辻 哲郎【著】 景文館書店
2016.12.1
みんな、くよくよ悩んでいたって…!? = Seems Like Everyone Had Something to Worry About… 太宰治, 菊池寛, 林芙美子, 室生犀星, 坂口安吾, 島崎藤村, 芥川龍之介, 柳田国男, 寺田寅彦, 和辻哲郎 作 くもん
2013.11
日本倫理思想史 和辻哲郎 著 岩波書店
2012.2
和辻哲郎日本古代文化論集成 和辻哲郎 著 書肆心水
2012.3
初版古寺巡礼 和辻哲郎 著 筑摩書房
2012.4
桂離宮 和辻哲郎 著 中央公論新社
2011.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想