渡部 義通   (1901-1982)

渡部 義通(わたなべ よしみち、1901年(明治34年)7月15日 - 1982年(昭和57年)6月28日)は、日本の政治家、史学者。 [来歴・人物] 明治34年、福島県出身。 明治大学中退後、昭和2年、日本共産党に入党。 翌年、三・一五事件で検挙され、これを契機に日本古代史研究をはじめた。 昭和21年、民主主義科学者協会幹事長に就任。 唯物論的立場から「日本母系時代の研究」、「日本原始社会史」、「日本古代社会」、「古事記講話」などを著した。 戦前のマルクス史家の古代史論争は、主にアジア的生産様式論争及び奴隷制論争として展開されたが、特に奴隷制論争に関しては論争を主導した。 昭和24年、埼玉...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ワタナベ ヨシミチ
人物別名 渡部義通
生年 1901年
没年 1982年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本社会主義文献解説 渡部義通, 塩田庄兵衛 編 日本図書センター
1997.4
新版日本古代社会 渡部義通 著 校倉書房
1981.9
猫との対話 渡部義通 著 三一書房
1977.3
古代囲碁の世界 渡部義通 著 三一書房
1977.11
天皇の尊嚴 : 大正革命の眞眼目 ; 世界名詩選 ; 天皇禮讃のシオン運動 ; 特殊部落一千年史 : 水平運動の境界標 ; (創作)業平 ; 日本を震撼させた七日間 ; 日本プロレタリア美術集 ; 日本愛國革新本義 ; 年刊日本プロレタリア詩集 ; 日本主義政策大綱原案 ; 日本人に告ぐ ; 日本ファッショの現勢 ; 日本原始社會史 ; 日本共産黨及コミンターン批判 ; 農民の無産政黨の國際的形勢 ; 農村の崩壊 角田清彦 [著] ; トムラテイジ [著] ; 酒井勝軍 [著] ; 高橋貞樹 [著] ; 山本勇夫 [著] ; ヴアクソフ, ヴイクトル [著] ; 日本プロレタリア美術家同盟 [編] ; 橘孝三郎 [著] ; 日本プロレタリア作家同盟 [編] ; 洛北青年同盟 [編] ; 高橋北雄 [著] ; 津田光造 [著] ; 渡部義通 [著] ; 木下郁 [著] ; ヴアルガ, オイゲン [著] ; 久保寺三郎 [著] Library of Congress Photoduplication Service
1975
津田左右吉 上田正昭 編 三一書房
1974
思想と学問の自伝 渡部義通 述 ; ヒアリング・グループ 編 河出書房新社
1974
古代社会の構造 渡部義通 著 三一書房
1970
猫との対話 渡部義通 著 文芸春秋
1968
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想