渡辺 信夫   (1923-)

渡辺信夫(わたなべ のぶお、1923年 - )は、日本の神学者、文学博士、牧師。 日本キリスト教会の指導者。 京都大学哲学科卒業。 ジャン・カルヴァンの『キリスト教綱要』の翻訳者として知られる。 [生い立ち] 大阪府出身。 田舎のクリスチャン・ホームに生まれたが、両親は神社参拝をしてもよいと教えていた。 当時から主流派キリスト教会は、宗教的な妥協の道を歩んでいたのである。 旧制学校時代は、偶像礼拝という意識がないままに、級長として神社参拝を行っていた。 また戦争中は日本軍の将校として、神社拝礼を指揮した。 その後、神学を学ぶ過程で、その行為が「教会」を通して行われた背信行為であり、神の前(コ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ワタナベ ノブオ
人物別名 渡辺信夫
生年 1923年
没年 -
職業・経歴等 翻訳家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
信仰にもとづく抵抗権 渡辺信夫 著 いのちのことば社
2016.2
カルヴァン 渡辺信夫 著 清水書院
2016.6
「日本的キリスト教」を超えて 山口陽一, 渡辺信夫, 登家勝也, 柴田智悦, 金芳植 著 ; 信州夏期宣教講座 編 いのちのことば社
2016.9
選ばれた島 [青木恵哉] [著] ; [渡辺信夫] [編] ; 阿部安成, 石居人也 監修・解説 近現代資料刊行会
2015.6
教会の生命と使命を問う : 戦前・戦中・戦後を生きたキリスト者の証言 : 2013年敗戦の日記念シンポジウム記録 松本栄好, 山下勇, 渡辺信夫 [述] 東京中会靖国神社問題特別委員会
[2015]
改憲へ向かう日本の危機と教会の闘い 渡辺信夫, 野寺博文, 水草修治, 李省展, 笹川紀勝 著 ; 信州夏期宣教講座 編 いのちのことば社
2014.10
東日本大震災から問われる日本の教会 渡辺信夫, 朝岡勝, 内藤新吾, 金谷政勇, 佐藤信行 著 ; 信州夏期宣教講座 編 いのちのことば社
2013.8
使徒行伝講解説教 渡辺信夫 著 教文館
2011.4
使徒行伝講解説教 渡辺信夫 著 教文館
2011.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想