渡辺 一民   (1932-2013)

渡邊 一民(わたなべ かずたみ、1932年1月5日 - 2013年12月21日)は、フランス文学者、文芸評論家、立教大学名誉教授。 東京生まれ。 父は日東製粉勤務・渡辺昇。 1955年東京大学文学部仏文科卒。 60年同大学院博士課程満期退学、立教大学一般教育部専任講師、63年助教授。 65年文学部仏文科助教授、70年教授。 81-83年文学部長。 1982年『岸田国士論』で亀井勝一郎賞を受賞した。 97年定年退任、名誉教授。 妻は酒匂秀一の長女。 [著書] 『神話への反抗』(思潮社、1968年) 『ドレーフュス事件 政治体験から文学創造への道程』(筑摩書房、1972年) 『文化革命と知識人』...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ワタナベ カズタミ
人物別名 渡辺一民

渡邊, 一民
生年 1932年
没年 2013年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
福永武彦とその時代 渡邊一民 [著] みすず書房
2014.9
聖グラングラン祭 レーモン・クノー 著 ; 渡邊一民 訳 水声社
2011.10
武田泰淳と竹内好 : 近代日本にとっての中国 渡邊一民 著 みすず書房
2010.2
中島敦論 渡邊一民 著 みすず書房
2005.3
フランス文壇史 渡辺一民 著 デジタルパブリッシングサービス
朝日新聞社
2005.6
<他者>としての朝鮮 : 文学的考察 渡邊一民 著 岩波書店
2003.6
田舎司祭の日記 ジョルジュ・ベルナノス 著 ; 渡辺一民 訳 春秋社
1999.10
シモーヌ・ヴェーユ著作集 シモーヌ・ヴェーユ 著 ; 橋本一明, 渡辺一民 編 春秋社
1998.9
シモーヌ・ヴェーユ著作集 シモーヌ・ヴェーユ 著 ; 橋本一明, 渡辺一民 編 春秋社
1998.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想