若月 俊一   (1910-2006)

若月 俊一(わかつき としかず、1910年6月26日 - 2006年8月22日)は、長野県佐久市にある佐久総合病院を育て、農村医療を確立した医師(外科医)。 「若月俊一著作集」、「村で病気とたたかう」など著書多数。 日本農村医学会の創立者。 国際農村医学会名誉会長。 [経歴] 東京出身。 神田の洋品店を営む若月幸作、あき夫婦の次男として誕生。 関東大震災による火災で家を焼失、無一文となる。 そのころ約3ヶ月肋膜炎で入院した経験から医療へ関心をもった。 府立一中、松本高理乙卒、東京帝国大学医学部へ進学。 東京帝大同期に、榊原仟、近藤宏二、津川武一など。 文学や哲学に興味を持ち、マルクス主義に傾...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ワカツキ トシカズ
人物別名 若月俊一
生年 1910年
没年 2006年
職業・経歴等 医学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
変容する「性」 岩見照代監修 ゆまに書房
2021.10
若月俊一対話集 若月俊一 著 旬報社
2011.2
若月俊一対話集 若月俊一 著 旬報社
2010.10
若月俊一対話集 若月俊一 著 旬報社
2010.12
信州の風の色 : 地域農民とともに50年 若月俊一 著 旬報社
2010.7
若月俊一の遺言 : 農村医療の原点 若月俊一 著 家の光協会
2007.7
命があぶない医療があぶない 鎌田實 著 医歯薬
2001.2
母なる農村に生きて 若月俊一 著 家の光協会
2000.5
八十八歳の秋 : 若月俊一の語る老いと青春 若月俊一 述 ; 南木佳士 著 岩波書店
1999.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想