鳩山 秀夫   (1884-1946)

鳩山 秀夫(はとやま ひでお、1884年2月4日 - 1946年1月29日)は、日本の法学者、元衆議院議員。 専門は民法。 東京都出身。 [人物] 法律家・政治家の鳩山和夫の次男で、のちに首相となった鳩山一郎の弟。 夫人の千代子は東大総長を務めた菊池大麓の次女。 秀夫・千代子夫妻の長男・道夫は一郎の次女・玲子と結婚した。 1908年、東京帝国大学を卒業。 秀夫は、東京高師附属小(現・筑波大附属小)時代から仲の良かった穂積重遠と並んで、大学始まって以来の優秀な成績だったという。 1911年刊行された『優等学生勉強法』には、中学時代には朝4時に起床し2時間、学科の予習をし、朝食をとり登校し帰宅後...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハトヤマ ヒデオ
人物別名 鳩山秀夫
生年 1884年
没年 1946年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本債權法 鳩山秀夫著 インプレスR&D
2015.1
民法總則 : 大正9年度講述 鳩山先生 述 信山社
2012.7
債權法における信義誠實の原則 鳩山秀夫 著 有斐閣
2001.6
法律行為乃至時効 鳩山秀夫 著 信山社
1998.6
債権法における信義誠実の原則 鳩山秀夫 著 有斐閣
1955
公民科教科書 河田嗣郎, 鳩山秀夫共著 中等学校教科書
1943.7
最新法制経済通義 鳩山秀夫, 河田嗣郎 共著 東京開成館
昭和15
日本民法総論 鳩山秀夫 著 岩波書店
1938
公民科講義 河田嗣郎, 鳩山秀夫 共著 東京開成館
昭和13
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想