内山 節   (1950-)

内山 節(うちやま たかし、男性、1950年 - )は日本の哲学者。 立教大学大学院教授、特定非営利活動法人森づくりフォーラム代表理事など。 存在論、労働論、自然哲学、時間論において独自の思想を展開する。 [人物] 東京都世田谷区出身。 最終学歴は東京都立新宿高等学校卒業。 高校卒業後、大学などの高等教育機関を経ることなく、書籍などで自らの思想を発表しながら活動する哲学する人で知られている。 長らく大学などの研究職についていなかったが、2004年から2009年まで立教大学の特別任用教員としても活動していた。 1970年代から現在でも、東京と群馬県上野村との往復生活を続けている。 上野村では畑...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウチヤマ タカシ
人物別名 内山節
生年 1950年
没年 -
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
修験道という生き方 宮城泰年, 田中利典, 内山節著 新潮社
2019.3
内山節と読む世界と日本の古典50冊 内山節著 農山漁村文化協会
2019.10
TPP反対は次世代への責任 農山漁村文化協会 編 農山漁村文化協会
2016.1
コミュニティと共生 総合人間学会 編 学文社
2016.5
内山節著作集 内山節 著 農山漁村文化協会
2015.1
内山節著作集 内山節 著 農山漁村文化協会
2015.2
内山節著作集 内山節 著 農山漁村文化協会
2015.3
内山節著作集 内山節 著 農山漁村文化協会
2015.4
内山節著作集 内山節 著 農山漁村文化協会
2015.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想