内田 祥三   (1885-1972)

内田 祥三(うちだ よしかず、1885年2月23日 - 1972年12月14日)は、建築学者、建築家。 東京帝国大学総長も務めた。 [人物] 東京帝国大学建築学科で構造計算法と鉄骨および鉄筋コンクリートの講義を担当。 佐野利器の建築構造学を引き継ぐ形で発展させ、建築構造、防災、都市計画、文化財修復など数多くの分野に業績を残すとともに、東京帝国大学営繕部長も兼務し、多くの後進を育てた。 関東大震災(1923年)後の東京帝大構内の復旧を主導。 正門から続く銀杏並木などキャンパスに明快な軸線を導入し、「内田ゴシック」といわれるデザインパターンの建物を数多く建設した。 1943年に東京帝国大学総長に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウチダ ヨシカズ
人物別名 内田祥三
生年 1885年
没年 1972年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
内田祥三先生作品集 - 鹿島研究所出版会
1969
木造都市と防火都市 内田祥三 著 全国市有物件災害共済会
[1951]
建築構造汎論 内田祥三 著 岩波書店
1949
記念日式典式辭 内田祥三述 東京帝国大学
[1944]
記念日祝賀式典式辭 内田祥三述 東京帝国大学
[1943]
卒業證書授與告辭 ; 入學宣誓式告辭 内田祥三述 東京帝国大学
[1942-]
建築構造汎論 内田祥三 著 岩波書店
昭10
火災 - 岩波書店
1935.8
滿洲の農業移民に對する居住地計畫の一試案 内田祥三 [ほか著] 者不明
[1933.4]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
火災と建築 内田 祥三
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想