内田 魯庵   (1868-1929)

江戸下谷車坂六軒町生まれ。様々な学校で学んだが結局どこも卒業せず、叔父の文部省編輯局翻訳係井上勤のもとで下訳や編集の仕事をする。ある時、山田美妙に評論を書き送ったところ、その文が認められ、批評家として立つことになった。明治・大正期の代表的批評家と評価されるが、翻訳家としての業績も大きく、未完だがドストエフスキーの翻訳「小説罪と罰」は明治の思想に大きな影響を与える。他にもトルストイ、ゾラ、シェンキェヴィッチ、モーパッサンなどを翻訳紹介する。その著訳が数度発禁になったり、1913(大正2)年のトルストイ「復活」に至っては島村抱月と「小日本語」対「大日本語」の翻訳論争にまで発展したり、大逆事件に対する静かなる抵抗としてワイルド「悲劇・革命婦人」を朝日新聞に連載したりするなど、話題の人であった。他、随筆に「思ひ出す人々」、評論に「文学者となる法」など。(大久保ゆう)Wikipedia「内田魯庵

「青空文庫」より

内田 魯庵(うちだ ろあん、1868年4月27日(慶応4年4月5日) - 1929年(昭和4年)6月29日)は、明治期の評論家、翻訳家、小説家。 本名貢(みつぎ)。 別号不知庵(ふちあん)、三文字屋金平(さんもんじやきんぴら)など。 江戸下谷車坂六軒町(現東京都台東区)生まれ。 洋画家内田巌は長男。 孫(巌の娘)に翻訳家の内田莉莎子。 [経歴] 旧幕臣の子として生まれる。 はじめは政治・実業に関心を持ち、立教学校(現立教大学)や東京専門学校(現早稲田大学)などで英語を学ぶが結局どこも卒業せず、文部省編輯局翻訳係であった叔父・井上勤のもとで下訳や編集の仕事をする。 生来の語学好きにより文学作品...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウチダ ロアン
人物別名 内田魯庵

不知庵主人

内田貢

貢太郎

藤生

三文字屋金平
生年 1868年
没年 1929年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
明治飜譯文學集 木村毅編 筑摩書房
2013.1.25
新編大杉栄追想 大杉豊 解説 土曜社
2013.9
内田魯庵集 稻垣達郎編 筑摩書房
2013.1.25
硯友社文學集 福田清人編 筑摩書房
2013.1.25
小説罪と罰 ドストエフスキー 著 ; 内田魯庵 訳 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2012.3
小説罪と罰 ドストエフスキー 著 ; 内田魯庵 訳 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2012.3
小説罪と罰 ドストエフスキー著 ; 内田魯庵訳 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2012.3
文芸小品 内田魯庵 著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2012.3
魯庵随筆読書放浪 内田魯庵 著 ; 斎藤昌三, 柳田泉 編纂 ; 紅野敏郎 解説 平凡社
2009.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想