瓜生 忠夫   (1915-1983)

瓜生 忠夫(うりゅう ただお、1915年(大正4年)5月6日 - 1983年(昭和58年)2月26日)は日本の映画評論家とマスコミの研究者。 東京帝国大学を卒業した後、日本映画社に入社。 戦後は、映画評論やマスコミ研究に専念しながら、法政大学、明治大学、中央大学、専修大学の講師を勤めた。 駅弁の研究者としても知られていた。 [著書] 『映画的精神の系譜』月曜書房、1947年 『リアリズム映画論』銀杏書房、1949年 『映画』三省堂出版、1949年 『ソヴィエト映畫』月曜書房、1951年 『映畫のみかた』岩波書店、1951年 『映画とシナリオ』福村書店、1952年 『映画入門』中教出版、195...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウリュウ タダオ
人物別名 瓜生忠夫
生年 1915年
没年 1983年
職業・経歴等 映画評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
映画と現実 : 歴史的展望 ロイ・アーメス 著 ; 瓜生忠夫 ほか訳 法政大学出版局
1985.4
戦後日本映画小史 瓜生忠夫 著 法政大学出版局
1981.7
モンタージュ考 : 映画的認識の系譜 瓜生忠夫 著 時事通信社
1981.11
駅弁物語 瓜生忠夫 著 家の光協会
1979.7
民族よ死に急ぐなかれ 瓜生忠夫 著 ダイヤモンド社
1977.3
駅弁の旅 瓜生忠夫 著 日本能率協会
1974
モンタージュ考 : 映画的認識の系譜 瓜生忠夫 著 時事通信社
1973
経営と人間・マスコミと農民・農民の文章表現と文学 : 人文 2 堀越久甫, 瓜生忠夫, 国分一太郎著 全国農業改良普及協会
1973.11
経営と人間 ; マスコミと農民 ; 農民の文章表現と文学 堀越久甫, 瓜生忠夫, 国分一太郎著 全国農業改良普及協会
1973.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想