占部 都美   (1920-1986)

占部 都美(うらべ くによし、1920年2月1日 - 1986年7月31日)は、日本の経営学者。 経営学博士、神戸大学名誉教授。 [人物] 広島県福山市出身。 福山盈進商業学校(現盈進高等学校)、横浜専門学校を経て、1943年東京商科大学(現一橋大学)卒業。 大学では増地庸治郎に所属。 大学を卒業した1943年に三菱石油に入社。 1945年財団法人運輸調査局財務調査部勤務。 ピッツバーグ大学大学院への留学を経て、1952年に神戸大学に着任。 神戸大学経営学部教授、日本文理大学教授、松山商科大学(現松山大学)教授を歴任。 日本において経営学の1つの研究対象として事業部制をとりあげ先駆的著書を出...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウラベ クニヨシ
人物別名 占部都美
生年 1920年
没年 1986年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
経営学総論 占部都美 著 白桃書房
2004.7
経営学入門 占部都美 著 中央経済社
1997.3
新講近代経営学 占部都美 著 中央経済社
1993.4
経営学大辞典 神戸大学経営学研究室 編 中央経済社
1988.7
指導力 : 「長」になったら読む本 占部都美 著 光文社
1987.3
経営学総論 占部都美 著 白桃書房
1985.2
サラリーマンの哲学 : 人は、なぜ会社で働くのか 占部都美 著 光文社
1985.4
経営学入門 占部都美 著 中央経済社
1984.4
新講近代経営学 占部都美 著 中央経済社
1984.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想