梅根 悟   (1903-1980)

梅根 悟(うめね さとる、1903年9月12日 - 1980年3月13日)は、日本の教育学者。 専門は西洋教育史。 福岡県生まれ。 東京教育大学名誉教授・和光大学初代学長。 [略歴] 東京文理科大学卒業 埼玉県内の中学校勤務、校長 埼玉県川口市助役(戦後間もない頃) 1948年 東京文理科大助教授 1949年 東京教育大学教授 同教育学部長 1966年 定年退官、名誉教授、和光大学を創設、初代学長 1980年 退任 [公職以外で] 戦後、石山脩平とともにコアカリキュラム連盟(現、日本生活教育連盟)を主宰し和光学園を実験校とした。 国会の文教委員会で参考人として招致されること多数。 戦後...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウメネ サトル
人物別名 梅根悟
生年 1903年
没年 1980年
職業・経歴等 教育学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
教育基本法問題文献資料集成 平原春好 責任編集 日本図書センター
2007.1
教育の歴史 梅根悟 編 新評論
2002.12
世界教育史 梅根悟 著 新評論
2002.12
戦後教育改革構想 寺崎昌男 責任編集 ; 小川利夫, 平原春好 企画・編集 日本図書センター
2001.7
小さな実験大学 梅根悟著 星林社
1990.11
世界教育史 梅根悟 著 新評論
1988.5
教育の歴史 梅根悟 著 新評論
1988.5
大教授学 コメニュウス 著 ; 鈴木秀勇 訳 明治図書
1986.12
教育の話 梅根悟 著 ほるぷ
1984.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想