梅本 克己   (1912-1974)

梅本 克己(うめもと かつみ、1912年3月26日 - 1974年1月14日)は、日本の哲学者。 神奈川県生まれ。 東京帝国大学(現 東京大学)倫理学科卒。 1942年、旧制水戸高等学校(現 茨城大学)教授。 戦後マルクス主義者となり、主体性論争で主体的唯物論を展開する。 1954年立命館大学教授となるが、病気で退職。 在野のマルクス主義研究家となった。 [著書] 唯物史観と道徳 三一書房 1949 人間論 実践論・矛盾論の研究序説 理論社 1953 哲学入門 物の考えかた 三一書房 1954 (対話式入門講座) 過渡期の意識 現代思潮社 1959 唯物論と主体性 現代思潮社 1961 現代...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウメモト カツミ
人物別名 梅本克己
生年 1912年
没年 1974年
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
民主主義の神話 : 安保闘争の思想的総括 谷川雁, 吉本隆明, 埴谷雄高, 森本和夫, 梅本克己, 黒田寛一 共著 現代思潮新社
2010.6
社会科学と弁証法 宇野弘蔵, 梅本克己 著 ; いいだもも 編・解説 こぶし書房
2006.11
現代日本の革新思想 梅本克己, 佐藤昇, 丸山眞男 著 岩波書店
2002.3
現代日本の革新思想 梅本克己, 佐藤昇, 丸山眞男 著 岩波書店
2002.3
過渡期の哲学 梅本克己 著 ; 田辺典信 編・解説 こぶし書房
2000.10
唯物史観と道徳 梅本克己 著 ; 武井邦夫 編・解説 こぶし書房
1995.1
梅本克己スケッチ集 - 梅本千代子
1993.1
梅本克己短歌抄 - 梅本千代子
1993.1
戦後日本の革新思想 梅本克己 ほか著 現代の理論社
1983.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想