笠原 忠   (1948-)

笠原 忠(かさはら ただし、1948年 - )は、日本の薬学者。 慶應義塾大学薬学部教授、兼常任理事。 専門は生物系薬学で、研究上のキーワードは、生化学、免疫学、アレルギー学。 1979年2月14日、「リンパ球活性化における細胞間相互作用と作用因子の解析 」により、東京大学より薬学博士を取得。 免疫・炎症・アレルギー反応におけるサイトカイン、ケモカインの発現と役割解析、シグナル伝達機構の解析を行っている。 [経歴] 1972年 東京大学薬学部卒業 1979年 同大学院薬学系研究科博士取得 1986年 自治医科大学医学部・助教授 1995年 共立薬科大学教授 2005年 共立薬科大学・常務理事...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カサハラ タダシ
人物別名 笠原忠
生年 1948年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
スタンダード免疫学 = STANDARD Immunology 小林芳郎, 笠原忠, 片桐拓也, 渡辺直子 共著 丸善
2013.3
ヒューマニズム薬学入門 笠原忠, 越前宏俊 共編 培風館
2012.3
新しい薬学事典 笠原忠, 木津純子, 諏訪俊男 編 朝倉書店
2012.6
スタンダード免疫学 小林芳郎, 笠原忠, 片桐拓也, 渡辺直子 共著 丸善
2008.2
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想