上村 幸雄   (1929-)

上村 幸雄(うえむら ゆきお、1929年7月 - )は、日本の言語学者、日本語学者。 音声学、方言学などの言語研究から言語教育まで幅広い領域で活動している。 琉球大学名誉教授、国立国語研究所名誉所員、沖縄言語研究センター代表。 [著書・論文] 国立国語研究所編『沖縄語辞典』大蔵省印刷局(1963年) 大石初太郎・上村幸雄編『方言と標準語-日本語方言学概説』筑摩書房(1975年) 「民族、国家、言語―『処分』と言語政策―その考察の前提」『新沖縄文学38号 特集・『琉球処分』100年』沖縄タイムス社(1978年) 「琉球列島の言語」亀井孝・河野六郎・千野栄一編著『言語学大辞典セレクション 日本列...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウエムラ ユキオ
人物別名 上村幸雄
生年 1929年
没年 -
職業・経歴等 言語学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
服部四郎沖縄調査日記 服部四郎 著 ; 服部旦 編 汲古書院
2008.9
危機に瀕した沖縄諸島方言の緊急調査研究 津波古敏子, 上村幸雄編 大阪学院大学情報学部
2003.3
石崎公曹の奄美のことわざ 石崎公曹 [著] ; 狩俣繁久, 上村幸雄編 大阪学院大学情報学部
2003.2
消滅の危機に瀕した言語の研究の現状と課題 崎山理 編 国立民族学博物館
2003.6
琉球方言地図の作成と比較歴史方言学的研究 研究代表者 上村幸雄 名桜大学
1996.3
琉球列島における音声の収集と研究 : 「日本語音声」琉球列島班研究成果報告書 上村幸雄編集代表 文部省科学研究費重点領域研究「日本語音声」琉球列島班
1992 -1993
奄美諸島方言の言語地理学的研究 上村幸雄研究代表 琉球大学
1990.3
方言と標準語 : 日本語方言学概説 大石初太郎, 上村幸雄 編 筑摩書房
1975
ろう児の言語指導の方法について : シンポジウム 上村幸雄, 比企静雄[共]編 国立国語研究所
1974.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想