上田 閑照   (1926-)

上田 閑照(うえだ しずてる、1926年1月17日 - )は、日本の哲学者。 京都大学名誉教授。 専攻はドイツ哲学、宗教哲学。 マイスター・エックハルトの研究、マルティン・ハイデッガーの研究、西田幾多郎、西谷啓治等の京都学派思想の研究で知られる。 [来歴・人物] 東京生まれ。 1949年 京都大学文学部哲学科卒業(宗教学専攻)。 Ph.D.(マールブルク大学、1963年)(学位論文「マイスター・エックハルト研究」)。 文学博士(京都大学、1976年)(学位論文「東西神秘主義研究」)。 主要著作の多くは岩波書店より『上田閑照集』(全11巻)に収められている。 エラノス会議の参加者でもある。 2...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウエダ シズテル
人物別名 上田閑照
生年 1926年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
仏教とは何か : 宗教哲学からの問いかけ 上田閑照, 氣多雅子 編 昭和堂
2010.5
イエスの言葉/禅の言葉 : 対談評釈 上田閑照, 八木誠一 著 岩波書店
2010.5
折々の思想 上田閑照 著 燈影舎
2010.10
言葉 上田閑照 著 岩波書店
2008.2
非神秘主義 : 禅とエックハルト 上田閑照 著 岩波書店
2008.4
道程 : 思索の風景 上田閑照 著 岩波書店
2008.6
大拙の風景 : 鈴木大拙とは誰か 岡村美穂子, 上田閑照 著 燈影舎
2008.10
生き方と心に学ぶ 中沢新一 [ほか] 著 リブリオ
2007.4
宗教 上田閑照 著 岩波書店
2007.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想