植田 清次   (1902-1963)

植田 清次(うえだ せいじ、1902年7月18日 - 1963年10月30日)は、日本の哲学研究者。 兵庫県出身。 早稲田大学卒。 早大助教授、1946年、教授。 1963年、「プラグマティズムの基礎的研究」で文学博士。 授与は死去の日付。 英米哲学。 [著書] 現代英米哲学 理想社 1941 経験的世界 経験の哲学への序説 同文館 1942 大哲学者思想と生活 同文館 1942 文明 白揚社 1943 (現代生活群書) 行動的世界 理想社 1946 アングロサクスン哲学の伝統 その観念論的傾向の線に添うて 東京堂 1947 西田哲学とデューヰ哲学 光の書房 194...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウエダ セイジ
人物別名 植田清次
生年 1902年
没年 1963年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
確実性の探究 : 知識と行為との関係の一考察 ジョン・デュウイー 著 ; 植田清次 訳 春秋社
1963
論理学概説 : 記号論理学への道 植田清次 著 理想社
1963
プラグマティズムの基礎的研究 植田清次 著 早稲田大学出版部
1961
世界小旅行 植田清次 著 平凡社
1960
分析哲学研究論集 植田清次 編 早稲田大学出版部
1960
分析哲学研究論集 植田清次 編 早稲田大学出版部
1958
科学哲学への道 植田清次編著 早稲田大学
1958
分析哲学研究論集 植田清次 編 早稲田大学出版部
1957
論理学入門 : 思惟形式の記号化 植田清次 著 関書院
1957
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想