上田 敏   (1874-1916)

東京築地に生まれる。東京帝大英文科卒。大学院では小泉八雲に師事し、在学中に「帝国文学」創刊にかかわる。誌上でフランスの詩人を紹介してから、フランス印象詩の翻訳も試みるようになる。1905(明治38)年、訳詩集「海潮音」を刊行、日本象徴詩運動のさきがけとなり、多くの詩人・作家に影響を与えた。1916(大正5)年、森鴎外を訪ねようと支度中に倒れ、腎臓疾患で急死する。訳詞の流麗さと解釈の正確さは今も高く評価されている。著作・訳は他に「みをつくし」「うずまき」「詩聖ダンテ」など。(大久保ゆう)Wikipedia「上田敏

「青空文庫」より

上田 敏(うえだ びん、1874年(明治7年)10月30日 - 1916年(大正5年)7月9日)は、文学者、評論家、啓蒙家、翻訳家。 多くの外国語に通じて名訳を残した。 号で、「上田柳村」とも呼ばれる。 「山のあなたの空遠く 『幸』(さひはひ)住むと人の言ふ」(カール・ブッセの「山のあなた」)や、「秋の日の ヴィオロンの ためいきの 身にしみて ひたぶるに うら悲し」(ポール・ヴェルレーヌの「落葉」、一般には「秋の歌」)などの訳詞は、今なお、広く知られている。 [略歴] 旧幕臣上田絅二(けいじ)の長男として1874年(明治7年)、東京築地に生まれる。 絅二は昌平黌教授をつとめた儒学者の乙骨耐...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウエダ ビン
人物別名 上田敏

上田, 柳村
生年 1874年
没年 1916年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
上田敏「うづまき」注釈 上田敏 [著] ; 木股知史 監修 ; 荻野純哉 責任編集 甲南大学木股知史研究室
2017.1
マルセル・シュオッブ小品集 マルセル・シュオッブ 著 ; 上田敏 譯 書肆盛林堂
2015.6
平尾貴四男歌曲集 平尾貴四男 作曲 ; 内田るり子 編 ; 平尾妙子 監修 全音楽譜出版社
2015.11
上田敏集 矢野峰人編 筑摩書房
2013.1.25
くちびるに歌を : 女声合唱とピアノのための 信長貴富 作曲 音楽之友社
2012.1
日本歌曲選 小川明子, アルト ; 山田啓明, ピアノ マーキュリー
c2010
くちびるに歌を : 混声合唱とピアノのための 信長貴富 作曲 音楽之友社
2008.10
小説青燈集 新詩社 編 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2008.3
くちびるに歌を : 男声合唱とピアノのため 信長貴富 作曲 音楽之友社
2007.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想