旗田 巍   (1908-1994)

旗田 巍(はただ たかし、1908年11月7日 - 1994年6月30日)は、日本の東洋史学者、東京都立大学名誉教授。 朝鮮の慶尚南道馬山生まれ。 1931年東京帝国大学東洋史学科卒業。 卒業後満鉄調査部に所属し華北農村慣行調査に参加した。 (共著「中国農村慣行調査」全6巻 1953年朝日新聞文化賞受賞)東京都立大学助教授、教授、72年定年退官、名誉教授、専修大学教授。 79年退職。 戦後、人間不在の東洋史学の克服、植民地支配否定の立場からの研究などでの朝鮮史研究で中心的役割を果たした。 (朝鮮歴史論集 上巻序 1979年 龍渓書舎) [著書] 『支那民族発展史』博文館、1941 『朝鮮史...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハタダ タカシ
人物別名 旗田巍
生年 1908年
没年 1994年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
朝鮮史 旗田巍 著 岩波書店
2008.2
朝鮮学事始め 姜在彦, 李進煕 編 ; 旗田巍 [ほか著] 青丘文化社
1997.4
新しい朝鮮史像をもとめて : 対談集 旗田巍 他著 大和書房
1992.6
古代の日本と韓国 菊竹淳一 [ほか] 著 学生社
1990.6
日本は朝鮮で何を教えたか 旗田巍 編・監修 あゆみ
1987.6
朝鮮の近代史と日本 旗田巍 編 大和書房
1987.5
入門朝鮮の歴史 朝鮮史研究会編 三省堂
1986.11
中世史講座 木村尚三郎 [ほか]編 学生社
1985.3
朝鮮と日本人 旗田巍 著 勁草書房
1983.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想