続 有恒   (1914-)

続有恒(つづき ありつね、1914年12月15日-1972年9月25日)は、教育心理学者。 宮城県出身。 1938年東京帝国大学文学部心理学科卒。 国立教育研究所員、東北大学助教授、52年名古屋大学教育学部教授、70年「教育評価」で名大教育学博士。 57歳で死去。 [著書] 『質問紙調査法』同学社 1954 『適性 進学・就職・結婚』1964 中公新書 『教育評価』第一法規出版 1969 教育学叢書 『教育心理学の探求』金子書房 1973 [共編著] 『教育心理学実習 調査・統計』正木正共編 同学社 1951 『現代の教育心理学 シンポジアム』編 国土社 1956 『教育心理学』依...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツズキ アリツネ
人物別名 続有恒
生年 1914年
没年 -
職業・経歴等 教育学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
適性 : 進学・就職・結婚 続有恒 著 中央公論社
1980.1
心理学研究法 八木冕編 東京大学出版会
1979.6
基礎実験 続有恒, 辻敬一郎共著 金子書房
1976.5
心理学研究法 続有恒, 村上英治編 東京大学出版会
1975
心理学研究法 続有恒, 村上英治編 東京大学出版会
1975
心理学研究法 続有恒, 高瀬常男編 東京大学出版会
1975
心理学研究法 続有恒, 苧阪良二編 東京大学出版会
1974
調査 續有恒著 金子書房
1974.9
心理学研究法 印東太郎編 東京大学出版会
1973
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想