辻村 江太郎   (1924-)

辻村 江太郎(つじむら こうたろう、1924年1月20日 - )は、日本の近代経済学者であり理論経済学、計量経済学をおもな研究分野とする。 慶應義塾大学名誉教授。 神奈川県生まれ。 日本の計量経済学的分析の草分け。 日本経済の一般的相互依存関係、初期研究としてはエンゲル係数などで知られる消費者行動理論等を研究し多くの業績を残す。 その研究は日本のみならず国際的評価を受ける。 1968年に「消費構造と物価」(勁草書房)で日経・経済図書文化賞、1974年に「日本経済の一般均衡分析」(筑摩書房)でエコノミスト賞、1981年に「Economic Policy and General Interdepe...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツジムラ コウタロウ
人物別名 辻村江太郎
生年 1924年
没年 -
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
計量経済学 辻村江太郎 著 岩波書店
2008.2
消費者行動の理論 : 消費・需要函数の基礎 辻村江太郎著 有斐閣
2005.11
はじめての経済学 辻村江太郎 著 岩波書店
2001.3
賃金の理論 P.H.ダグラス 著 ; 辻村江太郎, 續幸子 訳 日本労働研究機構
2000.1
賃金の理論 P.H.ダグラス 著 ; 辻村江太郎, 續幸子 訳 日本労働研究機構
2000.1
一九九二年労使へのメッセージ - 日本労働研究機構
[1992]
実証経済学論集 : 辻村江太郎教授退任記念 慶應義塾大学商学会編 慶応義塾大学商学会
1989.8
円高・ドル安の経済学 辻村江太郎 著 岩波書店
1987.11
日本の経済学者たち 辻村江太郎 著 日本評論社
1984.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
経済政策論 辻村 江太郎
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想