津野 海太郎   (1938-)

1938年生まれ。小学生時代、ガリ版による新聞を発行して以来の机上パブリッシャー。出版社での単行本づくりだけでなく、雑誌、ミニコミ誌、DTP新聞などの編集にもたずさわってきた。季刊「本とコンピュータ」編集長。著書に『小さなメディアの必要』『歩く書物』『歩くひとりもの』『本とコンピューター』『本はどのように消えてゆくのか』など。Wikipedia「津野海太郎

「青空文庫」より

津野 海太郎(つの かいたろう、1938年4月6日 - )は、日本の演出家、編集者、評論家。 元晶文社取締役、和光大学名誉教授。 [経歴] 福岡県生まれ。 本姓・鈴木。 早稲田大学第一文学部卒。 2009年まで和光大学教授。 大学卒業後の1962年に『新日本文学』の編集者となる。 1965年には晶文社に入社。 1998年まで、晶文社の編集責任者として、雑誌『ワンダーランド』をふくむ、数々の名著を編集。 また、高橋悠治が主催していたミニコミ『水牛通信』の編集も担当。 のち『季刊・本とコンピュータ』の編集長を務め、電子書籍の啓蒙についても関与している。 執筆活動では、演劇評論、書籍論などを多数、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツノ カイタロウ
人物別名 津野海太郎
生年 1938年
没年 -
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
本はどのように変わっていくのか 津野海太郎著 集グループ〈SURE〉
2019.7
花森安治伝 津野海太郎 著 新潮社
2016.3
読書と日本人 津野海太郎 著 岩波書店
2016.10
百歳までの読書術 津野海太郎 著 本の雑誌社
2015.7
花森安治伝 : 日本の暮しをかえた男 津野海太郎 著 新潮社
2013.11
書物の現場 白百合女子大学言語・文学研究センター 編 ; 篠田勝英 責任編集 弘学社
2013.11
小沢信男さん、あなたはどうやって食ってきましたか 小沢信男, 津野海太郎, 黒川創 著 集グループ〈SURE〉
2011.4
図書館の電子化と無料原則 津野海太郎 著 けやき出版
共同保存図書館・多摩
2011.10
ジェローム・ロビンスが死んだ : なぜ彼は密告者になったのか? 津野海太郎 著 小学館
2011.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想