恒藤 敏彦   (1930-2010)

恒藤 敏彦(つねとう としひこ、1930年8月10日 - )は日本の物理学者。 京都大学名誉教授。 京都府京都市出身。 父は法哲学者の恒藤恭。 兄弟に同志社大学法学部教授を務めた恒藤武二がいる。 1953年京都大学理学部物理学科卒、1958年京都大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。 理学博士(京都大学)。 1963年大阪大学理学部講師、1967年京都大学理学部助教授、1971年京都大学理学部教授。 後龍谷大学教授。 [著書] 『超伝導・超流動』 現代物理学叢書(岩波書店、2001年) 『超伝導の探究』(岩波書店、1995年) 『弾性体と流体 物理入門コース8』(岩波書店、1983年)...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツネトウ トシヒコ
人物別名 恒藤敏彦
生年 1930年
没年 2010年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
場の古典論 : 電気力学,特殊および一般相対性理論 エリ・デ・ランダウ, イェ・エム・リフシッツ著 ; 恒藤敏彦, 広重徹訳 東京図書
2022.5
量子力学の数学的基礎 J.v.ノイマン著 ; 井上健, 広重徹, 恒藤敏彦共訳 みすず書房
2021.5
物質の構造と性質 松田博嗣 [ほか] 著 岩波書店
2020.8
弾性体と流体 恒藤敏彦 著 岩波書店
2017.12
現代物理学の基礎 大沢文夫 [ほか] 編 ; 湯川秀樹 監修 岩波書店
2011.12
力学・場の理論 L.D.ランダウ, E.M.リフシッツ 著 ; 水戸巌, 恒藤敏彦, 廣重徹 訳 筑摩書房
2008.3
超伝導・超流動 恒藤敏彦 著 岩波書店
2001.4
超伝導の探究 恒藤敏彦 著 岩波書店
1995.5
岩波講座現代の物理学 恒藤 敏彦【著】 岩波書店
1993.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想