恒藤 恭   (1888-1967)

Wikipedia「恒藤恭

「青空文庫」より

恒藤 恭(つねとう きょう、男性、1888年12月3日 - 1967年11月2日)は、日本の法哲学者。 大阪市立大学名誉教授。 法学博士。 従三位勲二等旭日重光章。 学士院会員。 芥川龍之介の親友、瀧川事件で京都帝国大学法学部を辞任した教官の一人としても知られる。 旧姓は井川。 息子の恒藤敏彦は京都大学名誉教授(物理学)、恒藤武二は同志社大学法学部教授(法哲学と労働法担当)。 [生涯] 島根県松江市に兄弟姉妹8人の第5子、次男として生まれる。 父・井川精一は漢詩、兄・亮は英語を好み漢文、英語の書物が身近にある環境で育った。 文学少年で、島根県立第一中学校(後の松江北高等学校)時代から雑誌に随...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツネトウ キョウ
人物別名 恒藤恭
生年 1888年
没年 1967年
職業・経歴等 法学者
をも見よ 井川, 恭(1888-1967)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
恒藤恭「市大学長時代日記/講演等レジュメ」(1950・1951年) [恒藤恭著] ; 大阪市立大学恒藤記念室編集 大阪市立大学大学史資料室
2022.2
恒藤恭「商大・市大学長時代日記/講演等レジュメ」(1948・1949年) [恒藤恭著] ; 大阪市立大学恒藤記念室編 大阪市立大学大学史資料室
2020.2
憲法問題 恒藤恭 [著] 講談社
2020.6
恒藤恭「商大学長時代日記/講演等レジュメ」(1946・1947年) [恒藤恭著] ; 大阪市立大学恒藤記念室編 大阪市立大学大学史資料室
2018.3
恒藤恭「戦中日記」(1941~1945年) [恒藤恭著] ; 大阪市立大学恒藤記念室編 大阪市立大学大学史資料室
2016.3
恒藤恭「戦中日記」 恒藤恭 [著] 大阪市立大学大学史資料室
2016.3
恒藤恭「欧州留学日記」 大阪市立大学恒藤記念室編 大阪市立大学大学史資料室
2014.3
恒藤恭「欧州留学日記」 恒藤恭 [著] 大阪市立大学大学史資料室
2014.3
恒藤恭「欧州留学日記」(一九二四年) ; 恒藤恭学長式辞集 大阪市立大学恒藤記念室編集 大阪市立大学大学史資料室
2013.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想