津村 秀夫   (1907-1985)

津村 秀夫(つむら ひでお、1907年8月15日 - 1985年8月12日)は、日本の映画評論家。 弟は詩人の津村信夫、息子は俳優の津村鷹志。 [来歴・人物] 兵庫県神戸市出身、第七高等学校から、1931年東北帝国大学卒、朝日新聞社に入社し、同紙の映画批評欄を担当、「Q」の名で映画評を書く。 芸術としての映画を論じたさきがけである。 1937年上期の池谷信三郎賞を受賞。 『文学界』1942年10月号に掲載された座談会「近代の超克」の出席者の一人としても知られる。 戦後は1949年10月号からの復刊『アサヒカメラ』編集長に(7年間)。 同誌の顧問に伊奈信男、金丸重嶺、木村伊兵衛、渡辺義雄を迎え...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツムラ ヒデオ
人物別名 津村秀夫
生年 1907年
没年 1985年
職業・経歴等 映画評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本映画論言説大系 牧野守 監修 ゆまに書房
2004.6
遠くの島から来た手紙 津村秀夫 著 勁草書房
1984.9
近代の超克 河上徹太郎 ほか著 富山房
1979.2
溝口健二というおのこ 津村秀夫 著 芳賀書店
1977.7
不滅の映画美を今日にさぐる 津村秀夫 著 勁草書房
1977.2
世界映画の作家と作風 津村秀夫 著 勁草書房
1974
世界映画の作家と作風 津村秀夫 著 勁草書房
1969
映画美を求めて 津村秀夫 著 勁草書房
1966
津村信夫詩集 津村秀夫 編 弥生書房
1964
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想