築島 謙三   (1911-1992)

築島 謙三(つきしま けんぞう、1911年1月24日 - 1992年)は、社会心理学者、元東京大学東洋文化研究所教授。 鹿児島県生まれ。 1941年東京帝国大学文学部心理学科卒、同年東京府立第三商業学校教諭、1943年東京帝大東洋文化研究所助手、1951年専任講師、1962年東洋大学文学博士、1968年東文研教授、1971年定年退官、成城大学文芸学部教授、1980年退職。 次第に日本文化論に関心を移した。 [著書] ことばの本性 その心理学的考察 法政大学出版局 1959年 文化心理学基礎論 勁草書房 1962年 ことばの社会心理 明治図書出版 1964年 ラフカディオ・ハーンの日本観 その...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツキシマ ケンゾウ
人物別名 築島謙三
生年 1911年
没年 1992年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「日本人論」の中の日本人 築島謙三 著 講談社
2000.9
「日本人論」の中の日本人 築島謙三 著 講談社
2000.10
ザビエルから幕末まで : 「日本人論」の中の日本人 築島 謙三【著】 講談社
2000.9.10
福沢諭吉から現代まで : 「日本人論」の中の日本人 築島 謙三【著】 講談社
2000.10.10
日本語講座 芳賀 綏【編】 大修館書店
1990.4
意味と意味の発展 R.A.ウォルドロン 著 ; 築島謙三 訳 法政大学出版局
1990.3
変化の言語 : 治療コミュニケーションの原理 ポール・ワツラウィック 著 ; 築島謙三 訳 法政大学出版局
1989.8
ことばの本性 : その心理学的考察 築島謙三 著 法政大学出版局
1985.3
メモワール レミ [著] ; 築島謙三 編訳 法政大学出版局
1985.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想