塚本 哲人   (1925-)

塚本 哲人(つかもと てつんど、1925年 - 2008年4月9日)は、日本の社会学者。 東北大学名誉教授。 専門は、農村社会学、社会教育学。 戦後の日本農村社会学を福武直らとともに基礎づけた。 [人物・来歴] 1925年、東京生まれ。 旧制山形高校を卒業後、東京帝国大学文学部に進学。 1948年、同大学院社会学専攻に進む。 東洋大学文学部助教授、東京大学文学部助手、北海道大学文学部助教授を経て、1958年に、東北大学教育学部に助教授として赴任。 1989年に定年退官をむかえるまで、東北地方の農村調査を精力的に進めるとともに、数多くの弟子を輩出した。 定年退官後は、明海大学、常磐大学で教鞭を...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツカモト テツンド
人物別名 塚本哲人
生年 1925年
没年 -
職業・経歴等 社会学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
風土にみる東北のかたち 塚本哲人 ほか編 河北新報社
1992.3
現代農村における「いえ」と「むら」 塚本哲人 編著 未来社
1992.12
歴史にみる東北の方位 塚本哲人 ほか編 河北新報社
1991.8
高齢者教育の構想と展開 塚本哲人 編 全日本社会教育連合会
1990.3
21世紀への人づくりまちづくり : 岩手県金ケ崎町-生涯教育の実践 塚本哲人 ほか編著 日常
1984.4
高齢化社会の意味と課題 - 国立社会教育研修所
1983.11-1984.2
新倫理・社会 矢島羊吉 [ほか] 著 三省堂
1980
社会教育講座 伊藤俊夫 ほか編集 第一法規
1979.11
新倫理・社会 矢島羊吉 [ほか] 著 三省堂
1977.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想