伴野 朗   (1936-2004)

伴野 朗(ともの ろう、1936年7月16日 - 2004年2月27日)は、日本の小説家。 愛媛県松山市生まれ。 朝日新聞社の秋田支局を振り出しに外報部、インドシナ特派員などを経て上海支局長を務めるかたわら、執筆活動を並行した。 当時の特派員は本社に対して、事件のない時でも記事を送る必要があり、現代史における伝説、伝承(死んだ人間が生きていた等)も記事にしていた。 [経歴] 1954年 愛媛県立松山北高等学校卒業。 1960年 東京外国語大学中国語学科卒業。 1962年 朝日新聞社入社。 1976年 『五十万年の死角』で第22回江戸川乱歩賞を受賞。 1989年 朝日新聞社を退社 1984年 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トモノ ロウ
人物別名 伴野朗
生年 1936年
没年 2004年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
冒険の森へ 集英社クリエイティブ【編】 集英社
2016.10
英傑たちの『三国志』 伴野朗 著 日本放送出版協会
2007.3
伍子胥 伴野朗 著 徳間書店
2005.4
呉・三国志 : 長江燃ゆ 伴野朗 著 集英社
2003.2
呉・三国志 : 長江燃ゆ 伴野朗 著 集英社
2003.2
英傑たちの三国志 伴野朗 著 日本放送出版協会
2003.3
呉・三国志 : 長江燃ゆ 伴野朗 著 集英社
2003.3
呉・三国志 : 長江燃ゆ 伴野朗 著 集英社
2003.4
呉・三国志 : 長江燃ゆ 伴野朗 著 集英社
2003.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想