富田 渓仙   (1879-1936)

冨田 溪仙(とみた けいせん、1879年12月9日 - 1936年7月6日)は、明治から昭和初期に活躍した日本画家。 初め狩野派、四条派に学んだが、それに飽きたらず、仏画、禅画、南画、更には西洋の表現主義を取り入れ、デフォルメの効いた自在で奔放な作風を開いた。 [略歴] 福岡県博多に生まれる。 本名は鎮五郎(しげごろう)。 字は隆鎮。 別号に雪仙、渓山人など。 狩野派を学んだ後、京都に出て四条派の都路華香に師事。 のち仙厓義梵、富岡鉄斎に傾倒。 各地を旅し幅広い研鑽を積む。 横山大観にみとめられ,大正4年日本美術院同人。 昭和10年帝国美術院会員となる。 京都で死去。 駐日フランス大使であっ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トミタ ケイセン
人物別名 富田渓仙

渓山人

富田, 溪山人
生年 1879年
没年 1936年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
冨田溪仙 : 生誕130年記念 冨田溪仙 画 ; 福岡市美術館 編 茨城県近代美術館
2009.8
沖縄・プリズム1872-2008 東京国立近代美術館 編 東京国立近代美術館
2008
富田渓仙展 : 没後60年記念 京都市美術館, 京都新聞社 編 京都新聞社
1996
富田渓仙 - 思文閣
1996.11]
富田渓仙資料目録 : 平成六年度歴史資料調査 福岡県立美術館 編 福岡県立美術館
1995.3
特別展絵画の詩と造形 : 長谷川潔・富田溪仙・坂本繁二郎 [長谷川潔, 富田溪仙, 坂本繁二郎作] ; 奈良県立美術館編 奈良県立美術館
c1992
絵になる最初 : 京都画壇の本画と下絵 静岡県立美術館 編 静岡県立美術館
1986.12
近代京都の日本画と工芸展 : 京都国立近代美術館所蔵 群馬県立近代美術館 編 群馬県立近代美術館
c1985
橋本関雪富田溪仙展 - 思文閣ロイヤル画廊
[1978ごあいさつ]
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想