富岡 鉄斎   (1836-1924)

富岡 鉄斎(とみおか てっさい、1837年1月25日(天保7年12月19日)- 1924年12月31日)は、明治・大正期の文人画家、儒学者。 日本最後の文人と謳われる。 [生涯] 京都(三条通新町東)法衣商十一屋伝兵衛富岡維叙の次男として生まれる。 幼名は不明。 猷輔を通称とし、のちに道昴・道節と称し、明治のはじめ頃、一時名を鉄斎としたが、しばらくのち百錬に改名。 字を無倦、号を鉄斎。 別号に鉄人、鉄史、鉄崖など。 耳が少し不自由であったが、幼少の頃から勉学に励み、はじめ富岡家の家学である石門心学を、15歳頃から大国隆正に国学や勤王思想を、岩垣月洲らに漢学、陽明学、詩文などを学ぶ。 出家後の...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トミオカ テッサイ
人物別名 富岡鉄斎

鐵齋
生年 1836年
没年 1924年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
鉄斎と帝室技芸員の作家たち : 開館45周年記念 - 鉄斎美術館
[2020.4]
鉄斎の祭礼図 : 開館45周年記念 - 鉄斎美術館
[2020.6]
蓮月と鉄斎 : 開館45周年記念 - 鉄斎美術館
[2020.10]
富岡鉄斎 : 文人として生きる : 特別企画展 大和文華館編 大和文華館
2019.2
清荒神と鉄斎 : 開館45周年記念 - 鉄斎美術館
[2019.12]
鉄斎と茶の湯 - 鉄斎美術館
[2019.4]
鉄斎の花鳥画 - 鉄斎美術館
[2019.6]
天子知名 : 皇室と鉄斎 : 御即位記念 - 鉄斎美術館
[2019.10]
鉄斎さんと京都をあるく : 特集 - 目の眼
2019.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想