都丸 十九一   (1917-2000)

都丸 十九一(とまる とくいち、1917年7月15日 - 2000年3月21日)は日本の民俗学者。 群馬県勢多郡北橘村出身。 [略歴] 民俗学研究、特に地史の分野で活躍し、地名を成り立ちから分類して自然地名・人文地名・修飾地名・新付地名という概念を打ち立てるなど、顕著な功績を残した。 1939年 群馬県師範学校卒業。 教師として、群馬県玉村町、高崎市、赤城村、北橘村、富士見村、黒保根村などの小中学校に勤務し、中学校長をつとめ1976年に退職。 1983年からは群馬大学教育学部非常勤講師を勤める(1986年まで)。 群馬県文化財保護審議会委員、北橘村・黒保根村の各文化財調査委員、群馬県史編纂委...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トマル トクイチ
人物別名 都丸十九一
生年 1917年
没年 2000年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
館林・邑楽の伝説 横山榮一 著 あかぎ
2011.6
高崎・群馬2の伝説 鈴木重行 著 あかぎ
2010.7
餅なし正月の世界 : 地域民俗論序説 都丸十九一 著 岩田書院
2009.10
ほのぼの方言 都丸十九一 著 ; 北橘村ほのぼの方言刊行会 編 「ほのぼの方言」刊行会
2004.8
上州の風土と方言 都丸十九一 著 上毛新聞社
2002.4
写真でつづる上州の民俗 都丸十九一 写真・文 未来社
1999.2
群馬の地名をたずねて 群馬地名研究会 編 ; 都丸十九一 監修 上毛新聞社
1998.8
外遊矚目 都丸十九一 著 新光社印刷
1997.10
上州歳時記 都丸十九一 著 広報社
煥乎堂
1997.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想