徳富 蘇峰   (1863-1957)

熊本生まれ。ジャーナリスト、評論家、歴史家。肥後藩郷士の子。熊本洋学校に学び、同志社英学校に移るが退学。熊本に戻り大江義塾を設立する。『将来之日本』(1886)で好評を得て上京、民友社を創設。『国民之友』『国民新聞』を発刊し平民主義を唱えた。その後国権主義へと転換し、明治30年(1897)松方内閣の内務省勅任参事官に就任、桂内閣にも深く関与した。昭和4年(1929)国民新聞社を退き大阪毎日新聞の社賓となる。17年(1942)日本文学報国会・大日本言論報国会会長、18年(1943)文化勲章。敗戦後A級戦犯容疑者に指名され公職追放。27年(1952)『近世日本国民史』100巻を完成させた。

「近代日本人の肖像」より

Wikipedia「徳富蘇峰

「青空文庫」より

徳富 蘇峰(とくとみ そほう、1863年3月14日(文久3年1月25日) - 1957年(昭和32年)11月2日)は、明治・大正・昭和の3つの時代にわたる日本のジャーナリスト、思想家、歴史家、評論家。 『國民新聞』を主宰し、大著『近世日本国民史』を著したことで知られる。 蘇峰は号で、本名は徳富 猪一郎(とくとみ いいちろう)。 字は正敬(しょうけい)。 筆名は菅原 正敬(すがわら しょうけい)、大江 逸、大江 逸郎。 雅号に山王草堂主人、頑蘇老人、蘇峰学人、銑研、桐庭、氷川子、青山仙客、伊豆山人など。 生前自ら定めた戒名は百敗院泡沫頑蘇居士(ひゃぱいいんほうまつがんそこじ)。 小説家徳冨蘆花の...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トクトミ ソホウ
人物別名 徳富蘇峰

徳富, 蘇峯
生年 1863年
没年 1957年
職業・経歴等 ジャーナリスト
をも見よ 徳富, 正敬(1863-1957)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
皇道日本の世界化 徳富蘇峰著 徳間書店
2019.1
将来之日本 徳富蘇峰 著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2017.3
新日本之青年 徳富蘇峰 著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2017.3
公爵山縣有朋伝 徳富蘇峰 編述 マツノ書店
2016.3
公爵山縣有朋伝 徳富蘇峰 編述 マツノ書店
2016.3
公爵山縣有朋伝 徳富蘇峰 編述 マツノ書店
2016.3
公爵山縣有朋伝 徳富蘇峰 編述 マツノ書店
2016.3
公爵山縣有朋伝 徳富蘇峰 編述 マツノ書店
2016.3
公爵山縣有朋伝 徳富蘇峰 編述 マツノ書店
2016.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想